まちがいない!
出会いナビ
某マッチングサイトで8年勤務した経験を活かして、
婚活・恋活で本当に出会えるサイトを厳選比較しました。
トップ | 婚活サイト比較 | 結婚相談所 | パーティー比較
女性無料の婚活サイト VS 女性有料の婚活サイト
婚活サイトでは男性はほぼ有料なのですが女性については有料と無料で二つに分かれます。では二つのサイトではどのようにメリット・デメリットがあるのか 解説したいと思います。
会員数の特徴
婚活はほぼ女性の売り手市場となる為、女性が課金することは稀となる。また独身男女での自由になるお金も男性のほうが多いため、 女性からの課金は本当に理想の男性が現れた場合に限られる。
以前調査したところ、男女ともに有料のサイトの男女比は入会時で2:1となり、メールのできる課金状態はさらに悪化する。
酷いところでは4:1なっているところもあった。

女性無料のサイトでは女性の会員数が集まりやすい、また女性が長居する場合があるので男女比が4:6またはそれ以上の場合がある。
会員数では断然女性無料に軍配
会員の真剣度
真剣度は賛否両論分かれるところ、一般的には女性が無料登録では真剣度が低いといわれている。
期限を決めて活動しなくても良い為、仕事で忙しいなどずるずるとメールの返信が遅くなりが男性には、女性の真剣さがないという印象が聞かれる。

女性有料のサイトでは女性も期限を決めて活動している場合が多いので、返信が遅くなるとった事は稀。
真剣度では女性有料に軍配
結局どっちが会えるの?
管理人が以前勤めていたときに思ったのは、男性の場合相当なスペック(年齢、年収、顔)に自信が無ければ女性有料に登録すると返信は皆無ということ、 まず女性売り手の市場でその女性が課金する意欲が沸くぐらい、魅力的でなければならないということだ。
また別の人と話して破局したあとのおこぼれボーナスもあるが、あまり上手くいったためしを聞いたことがない。
また男性、女性ともに課金となると課金率が4:1程度となる為、現実世界より女性の売り手市場が強くなる。

それに比べ女性無料の場合、「誰ともメールしていない女性」や「とりあえず話してみてから決める」といった人がいる為。課金した男性会員(並のスペック)のほとんど人がメールのやり取りまで は進むだろう。
しかし、実施に会うところまでは女性無料に比べて壁がある。メールでさらに魅力的と思えなければそれ以上のステップにすす事はなく、返信も遅くなり、次第にフェードアウトと言った現象が起こる。
お勧めの女性無料サイト
婚活サイト パートナーズ「女性無料でもしっかりサポート!」
まとめ
管理人の結論としては
高スペックでメールが苦手な人は「女性有料」のサイトをお勧め。
普通のスペックでメールも相手に合わせられるのであれば「女性無料」のサイトにお勧め